西部警察 Wiki
Advertisement
知性と勇気を兼ね備えた、有望な若手刑事であった。熱き男の集団=大門軍団に、さわやかな風のような想い出を残し、第54話(PART1)で殉職。
―西部警察署刑事 兼子 仁(ジン)[ソース]
Jin.jpg
かねこ じん
兼子 仁
性別: 男性
俳優: 五代高之
  


兼子 仁(かねこ じん、演:五代高之

人物解説[]

捜査課刑事。
愛称「ジン」。
宮崎県出身。
最初期の大門軍団における若手刑事。
一般人を誤射したショックから拳銃が撃てなくなったり、犯人にヘロイン中毒にされたりと、刑事としてはまだまだ半人前であるが、大門や谷によって指導され、刑事として一本立ちしていこうとする。
喫煙者の多かった大門軍団では珍しく、タバコを吸うシーンが殆ど見られなかった。
第54話で、本庁への昇進試験を受けるべく受験票を受け取った矢先、婚約者・あかねの父(元刑事、演・根上淳)が密輸に関わっていたことで単独行動を起こし、銃撃戦の末白いシャツを血で真っ赤に染め、大門ら軍団刑事に看取られながら笑顔を残して殉職してしまう。
あかね(永島暎子)とは高校の同窓会で再会し、将来を誓い合う仲となったが、彼女への婚約指輪を直接渡せずに絶命。「これ(婚約指輪)を彼女に渡して欲しい」という兼子の最期の願いを叶えるため、大門が涙目になりながら代わりに手渡した。あかねは、大門から無言で手渡された婚約指輪を見て兼子の死を悟り、泣き崩れた。
Advertisement