Fandom


自分は、自分のことを語るのはあまり得意ではない。とにかく自分は、どんな理由があるにせよ、悪は許せないと考えている。だから非情といわれても、捜査は徹底的に行う。それは人を追いつめることではなく、人を憎むことではなく、罪を憎むことだ、と思っている。
―西部警察署部長刑事 大門 圭介(団長)[ソース]
Daimon
だいもん けいすけ
大門 圭介
性別: 男性
俳優: 渡哲也
  


大門 圭介(だいもん けいすけ、演:渡哲也

人物解説 編集

捜査課部長刑事巡査部長捜査課長警部
大門軍団”の別名で知られる捜査課の刑事たちをリーダーとして率い、彼らからは「団長」と呼ばれ、慕われている。部下達から「団長」と呼ばれると「はい」と返事をする。
ただし、彼の駆け出しの頃の先輩刑事である、谷刑事・浜刑事・南刑事(歴代の「おやっさん」たち)や木暮課長からは「大さん」と呼ばれる方が多い。一人称は基本的に当時の警察官または軍人を髣髴させるかのような「自分」であり、流行語にもなった。ただし(それゆえか)、実際の警察学校では、「自分」という呼称は使わないように特に厳しく指導されている。そのほか決め台詞として「自分は西部署の大門だ」もある(犯人に対してなど)。
制式採用されている拳銃(ニューナンブM60)の代わりにソードオフ・ショットガン(散弾が広範囲に飛び散るように銃身を短くした改造散弾銃のこと)、レミントンM31改を使用している(私物説もあるが、西部署の扱う案件から止む無しと特別に貸与されていると考えた方が自然だろう)。劇中では主にスラッグ弾を使用していた模様である。時々、コルト・ローマンを使うが、M16M2カービン等の改造型を使う事もある。銃の腕前は松田刑事いわく全国22万の警察官の中でも一、二を争うほどの超一流であり、(本来、狙撃は絶対に不可能な)レミントンM31改で犯人を狙撃することも(ちなみにPART-I終盤からM31改にはスコープマウントが追加された)。
テレビシリーズの最終話において、博多湾沖の無人島・剣島(つるぎじま)(ロケ地瀬戸内海の「犬島」)にて原田芳雄が演じたテロリスト・藤崎と死闘を繰り広げた末に殉職した。なお最終的に大門を射殺したのは、中村晃子扮する藤崎の仲間。もちろん彼女も団長を撃たれた怒りと悲しみの咆哮をあげる大門軍団によって直後に(狙撃に使用した小屋ごと)蜂の巣にされた(撃たれる描写は何故か無かったが、刑事部長へは「……その他、氏名不詳のコマンド、全員死亡」と報告されている)。
ちなみに原田芳雄が演じたテロリスト役は、松田優作に打診されていたが、松田は「渡さんを殺す役はたとえドラマの中でもやりたくない」といって断った。
しかし、2004年に放送された『西部警察SPECIAL』においては、PART-II・IIIではなく通称PART-Iの流れを汲むため殉職・死去していないことになっていて、一部で噂されたような「PART-IIIで殉職したと思われていたものの、実はどっこい生きていた」わけではなく、木暮の後を受けた西部署・捜査課長として同じ役名のまま登場しており(ただし当時の木暮と違い階級は警部)、「団長」の座は舘ひろし演ずる鳩村英次・捜査主任に譲った格好となっている。渡は当時、既に警察官であれば定年である還暦を過ぎていたので実年齢をそのまま大門の設定年齢にスライドさせることはできず、結果若干の年齢設定修正がなされている。
職務中は基本的に夏だろうが冬だろうが、青の三つ揃いスーツワイシャツネクタイもブルーで統一感を出している。PART-I初期にはグレーのスーツ、ネクタイ、黒のワイシャツ、または黒のスーツ、ネクタイ、グレーのワイシャツも着用していた。PART-IIの第1話、第2話では、グレーのスーツに赤いネクタイで出演したことがあったが、すぐに戻した。
初期ではテレ笑いしたり仲間の死に涙を流したりと人間的な一面が多かった(特に「ギャングになった刑事」ラストでは、兼子の顔にケーキを押し付けるいたずらをしたり、ヒゲダンスを踊ったりと、終始満面の笑顔であった)が、次第にドライで記号的なキャラクターとなっていく。妹のアコに対してそっけない態度をとるようになり、捜査活動においてもセリフが少ない。PART-IIIではさらに仕事に対する非情さが増しており、それが度々部下の反感を買うことがあった。
妹の明子(アコ)と2人暮らしであり、PART-Iでは青と黄色を基調とし2階への階段もあるお洒落な部屋に住んでいたが、PART-II以降はオーソドックスなアパート風の部屋へと変更されている。
木暮課長不在中は自ら本庁に掛け合ったりマスコミの追及を受けていた。
独身である。今まで刑事一筋でやってきたためか他のことにはさほど興味がないようであり、時たまアコに「早くお嫁さんもらったら」と言われてしまう。『暁の陽動作戦』では、アコが出入りする編集部の編集長の妹の見合い写真を見せられ、見合いを強要されたが無視した。
朝食は和食党であり、アコが作ったトースト、ハムエッグ、サラダの洋風の朝食(アコ曰く、「現代サラリーマンの平均的朝食」)を見て「馬やウサギじゃあるまいし、朝からこんなもん(サラダ)食えるかよ」と言い、更には「米の飯食わないと腹に力が入らないんだよ。俺日本人だよ」と言ってアコを呆れさせたこともある。
「自分で蒔いた種は自分で刈り取る」を持論とし、部下の失敗をほとんど責めることはないが、自分のみ得ている情報に基づいて単独捜査を行なった刑事に対しては、その刑事が失敗もしくは後に一般人が被害を受けたりした場合、または単独捜査をしていて袋小路に追い込まれているのに隠し通そうとしているような時には、鉄拳を振るう。また、自分の進退をかけて部下を庇うこともあり、部下を思うばかり部下に対して正義の鉄拳をふるうこともある。
そんな人間的魅力からか、部下達の信頼は絶大であり、それゆえ彼のためには生死もいとわないというほど強い主従関係、仲間関係、徒弟関係が結ばれている。
SPECIALでは、本体部に「K.DAIMON」のネームが入った、木暮捜査課長の形見である万年筆を愛用している。万年筆は2本存在し、もう1本は親友である日下憲吾が所有している。
SPECIALのエンディングで警察官の制服を着用しているシーンもある。制服姿はPART-Iから通しで見ても、後にも先にもこれだけである。
後に、渡は自身の出演した映画『レディ・ジョーカー』の番宣を兼ねた番組でのインタビューにおいて、大門のトレードマークであるサングラス(金縁のレイバン ティアドロップフレーム)は「いい齢した大人が(撮影で)パンパン“拳銃ごっこ”をするのがバカバカしくて恥ずかしかったから」と、照れ隠しを目的としたものであったと語っている。ちなみに実際の警察ではサングラスは「変装届」を提出しないと着用が認められない。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。