Fandom


西部警察 PART-II
Seibu2
ジャンル テレビドラマ
放送時間 54分
放送期間 1982年5月30日~1983年3月20日(40回)
放送国 Flag of Japan 日本
制作局 テレビ朝日
出演者 渡哲也
三浦友和
舘ひろし
峰竜太
御木裕
井上昭文
小林昭二
庄司永建
高城淳一
登亜樹子
吉行和子
石原裕次郎
  

西部警察 PART-II』(せいぶけいさつパートツー)は、石原プロモーション制作の刑事ドラマである。1982年5月30日~1983年3月20日にテレビ朝日系で日曜日の20:00~20:54に放送された。

内容編集

警視庁西部警察署捜査課の大門軍団と凶悪犯との闘いを重点に置いた作風は前作『西部警察』(PART-I)と変わらない。

このシリーズより日本全国縦断ロケが各所で行われた。

設定面においては前作から仕切り直しの要素が濃く、一部の出演者の入れ替えがあったり、設定にいくつか違いがあるが、PART-Iの続編(パラレルワールド編)である。

主な出演者 編集

詳細は西部警察の登場人物を参照

大門軍団
捜査係長
その他のレギュラー
捜査課長
ナレーター
  • 小林清志(クレジット無し)

音楽・歌 編集

  • 音楽:羽田健太郎
  • テーマ曲:「ワンダフル・ガイズ」
  • 演奏:高橋達也と東京ユニオン
  • 音楽ディレクター:鈴木清司

主題歌 編集

  • 「時間(とき)よお前は…」
  • 「勇者たち」
    • 作詞:なかにし礼 作曲:浜圭介 編曲:高田弘 唄:石原裕次郎
    • 発売:テイチクレコード(現・テイチクエンタテインメント)

挿入歌 編集

制作 編集

テレビ朝日 石原プロモーション

放映リスト 編集

各話タイトル放映年月日脚本監督ゲスト視聴率
第1話大門軍団・激闘再び -沖田登場-1982年5月30日新井光小澤啓一亀石征一郎北村総一朗鈴木和夫19.3%
第2話大都会に舞う男1982年6月6日峯尾基三片桐竜次 高品正広 吉沢健 水上功治18.1%
第3話生命ある限り1982年6月13日大野武雄渡辺拓也待田京介 片岡五郎 滝川潤 宮川洋一16.7%
第4話殺しのキーワード1982年6月20日宮下潤一黒部進石山雄大清水宏庄司三郎15.1%
第5話消えた身代金1982年6月27日宮田雪宮越澄安井昌二荻原紀草薙良一明石勤永野明彦15.1%
第6話あいつは予言者1982年7月11日那須真知子波多野敦子 睦五朗 山西道広 内田勝正13.7%
第7話狙われた天使1982年7月18日永海秀国
新井光
澤田幸弘鹿内孝 船水俊宏14.2%
第8話暁の決断1982年7月25日大野武雄渡辺拓也 土門峻 本間由美南雲佑介南城竜也、宮川洋一、重松収河合絃司相原巨典13.9%
第9話1982年8月1日峯尾基三岡崎二朗 八名信夫 大下哲矢 信実一徳 加地健太郎福岡正剛17.9%
第10話大追跡!!静岡市街戦-静岡・前篇-1982年8月8日新井光
宮下潤一
小澤啓一(第10・11話共通)
木村重造 立枝歩 小池雄介
(第10話のみ)中庸助 太刀川寛 井上博一 永野明彦 上田耕一
(第11話のみ)田中浩 高品正広 椎谷建治
15.8%
第11話大激闘!!浜名湖決戦-静岡・後篇-1982年8月15日10.2%
第12話10年目の疑惑1982年8月29日宮田雪澤田幸弘荒井玉青[1] 深江章喜 石橋雅史11.0%
第13話俺の愛したマリア1982年9月12日大野武雄宮越澄セーラ 成瀬正 晴乃ピーチク17.3%
第14話男たちの絆[2]1982年9月19日宮田雪上月左知子 山谷初男 関川慎二 神田隆 夏樹レナ17.2%
第15話ニューフェイス!! 西部機動軍団1982年9月26日宮下潤一澤田幸弘北原義郎 伊達三郎16.5%
第16話追撃1982年10月3日柏原寛司亜湖 三上真一郎 中田博久 江角英明 鶴岡修 志賀圭二郎 重松収 清水宏14.4%
第17話絶命!! 暴走トラック1982年10月10日[3] 宮下潤一小澤啓一林ゆたか 森山周一郎 草薙良一
第18話広島市街パニック!!1982年10月17日柏原寛司渡辺拓也 内田勝正 船水俊宏 南道郎 B&B 武藤英司18.5%
第19話燃えろ!! 南十字星1982年10月24日永原秀一風間健 黒部進 水島美奈子 大下哲矢 石山雄大18.5%
第20話明日への挑戦1982年10月31日永原秀一小澤啓一岡本麗 片岡五郎18.0%
第21話甦れ! ドッグ・ファイター1982年11月7日日暮裕一
宮下潤一
宮越澄 深江章喜 早川雄三20.7%
第22話大空の追跡1982年11月14日峯尾基三平田昭彦 江幡高志 萩原紀17.4%
第23話凶悪の焔1982年11月21日永原秀一渡辺拓也近藤宏 八名信夫 高品正広19.2%
第24話危険なロックンローラー1982年11月28日柏原寛司
宮田雪
中庸介17.8%
第25話走る爆破指令室-マシン・RS-1982年12月5日那須真知子澤田幸弘泉じゅん小宮健吾、早川雄三、壇暄太19.2%
第26話-北都の叫び- カムバック・サーモン1982年12月12日新井光
大野武雄
宮越澄中村竹弥保積ぺぺ、成瀬正、永野明彦17.4%
第27話傷だらけの天使1982年12月19日大野武雄澤田幸弘松本伊代[4]藤木敬士飛鳥裕子、清水宏16.7%
第28話涙は俺がふく[5]1982年12月26日宮下潤一
日暮裕一
佐藤仁哉寺尾いづみ藤山浩二、吉沢健17.3%
第29話燃える原野! オロフレ大戦争(90分スペシャル)1983年1月2日新井光宮越澄青地公美沢田勝美10.9%
第30話別離(わかれ)のラストフライト1983年1月9日宮下潤一村川透水原ゆう紀宮口二郎、宮川洋一、関山耕司、鈴木和夫14.6%
第31話1000万ドルの恋人1983年1月16日新井光
平野靖士
山西道広 岡田ますみ18.2%
第32話狙われたシンデレラ1983年1月23日宮田雪渡辺拓也中島はるみ、荒井玉青、亀石征一郎、小池雄介、武藤英司、斎藤英雄15.5%
第33話鑑識ナンバー1061983年1月30日峯尾基三田中浩、矢野間啓二天草四郎曽我佐和子 13.3%
第34話トリック・ジャック1983年2月6日宮下潤一小澤啓一 石橋雅史、阿藤海小林伊津子長谷川一輝竹下レナ佐伯徹、大前田武15.5%
第35話娘よ、父は・・・浜刑事・絶命1983年2月13日永原秀一鹿内孝、荒井玉青、金井大大杉くにこ美木良介、北條清嗣、相原巨典17.0%
第36話八丈島から来た刑事1983年2月20日峯尾基三澤田幸弘市川好朗時本和也、関川慎二、中庸助、清水宏、信実一徳、浅見小四郎村上幹夫16.5%
第37話戦慄のカーニバル -名古屋篇-1983年2月27日村川透 黒部進、片岡五郎、小坂明央、庄司三郎、壇暄太17.0%
第38話決戦・地獄の要塞 -名古屋篇-1983年3月6日西脇英夫今井健二吉田豊明一ノ瀬康子花かおる神弘無17.4%
第39話謎の亡命者1983年3月13日宮田雪渡辺拓也堀川まゆみウイリアム・ターパン田島義文、中田博久、高品正広13.1%
第40話ペガサスの牙[6]1983年3月20日永原秀一 八名信夫 小宮健吾13.5%

編集

  1. 浜源太郎刑事の娘役でこの後も同役で浜刑事エピソード回に出演。なお、荒井は石原裕次郎夫人・北原三枝の姪。
  2. 二宮係長が退職。
  3. 同日夜10時からテレビ東京系で「演歌の花道」『渡哲也と共に歌う』放送 共演:牧村三枝子森昌子
  4. アイドル活動期真っ只中、ヘロイン中毒にされる看護師役で出演。劇中のそのショッキングな姿は多数の芸能誌にグラビアで取り上げられて話題になる。
  5. 浜刑事役の井上昭文が体調不良のため未出演。
  6. 1999年8月にテレビ朝日での再放送ではOPの冒頭部分を差し換えて「西部警察 PART-III」名義で放映された。

地方ロケ 編集

  • 10話、11話:全国縦断第1弾、静岡ロケ
10話では、石原裕次郎を乗せたヘリコプターを再開発事業中で空き地となっていた国鉄(現:JR東海)静岡駅前に着陸させた[1]
11話では、浜名湖の遊覧船を爆破。爆破した遊覧船は時価400万円。
  • 17話:静岡ロケ
  • 18話、19話:全国縦断第2弾、広島ロケ
18話では、広島電鉄の路面電車(にしき堂号)を広電宮島駅(現:広電宮島口駅)構内で爆破。
  • 26話、29話:全国縦断第3弾、北海道ロケ
26話はすでに横転して警官のいない白パトと犯人の乗った宝酒造のトラック(いすゞエルフ)が衝突の後に爆発、29話は元ホテルの廃屋を爆破。
  • 37話、38話:全国縦断第4弾、名古屋(三重含む)ロケ
37話は長島温泉・ナガシマスパーランド(三重県)でロケを行う。
38話では店舗改装予定だったステーキのあさくま藤ヶ丘店を爆破したほか、廃工場(二村化学工業(現:フタムラ化学)名古屋工場跡)の煙突(いわゆるお化け煙突)を倒壊させる。

登場車両 編集

  • マシンX(~14話)
  • サファリ(PARTIの111話~)
  • スーパーZ(15話~)
  • マシンRS(15話~)

備考 編集

  • 第18話の広島ロケの爆破シーンで使用されたのは元大阪市電1801型の広島電鉄750形電車766号車(登録上は755号車)であった。撮影のために塗装・広告(パールライス→にしき堂)を代えて行われた。ちなみに電車の車体横の広告は「にしき堂のもみじ饅頭」だった。撮影終了後、766号車は登録抹消、解体された。
  • 土曜日昼の人気番組、独占!女の60分では、当番組の地方ロケ編が放映される前日に、アタッカー(リポーター)がロケ現場の舞台裏を取り上げていた。
  • なお本作の終了と同時に福井県における放映ネット局が変更される。前作から2作連続で実施されてきた福井テレビ(フジテレビ系)での毎週土曜日13:00 - 13:54における西部警察シリーズの遅れネットは本作で終了となり、次作(すなわち『西部警察 PART-III』)についてはもう一つの県域局である福井放送(放送当時は日本テレビ系・1989年4月からはテレ朝系とのクロスネット局)に変更され、併せて放送日時も1日遅れの毎週月曜日21:00 - 21:54となった[2](そのためそれまで同時ネットだった『月曜スター劇場』枠が土曜日23時台での遅れネットに降格し、以後1987年4月改編で日テレとの同時ネットに再度回帰するまでこの事態が続いた)。

脚注編集

  1. 静岡朝日テレビ20年史によると、市街地しかも駅前広場にヘリコプターを着陸させる案が出た当時、静岡市や静岡県警に何度も交渉した末にようやく許可が出たと記されている。また、このシーンに際して、他のテレビ朝日系列局からクレームも寄せられたという。
  2. 出典:1983年4月4日付の福井新聞におけるラ・テ欄より。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。